滑る床はペットにとって危険!フロアコーティングで改善

取り入れる理由

床

愛猫のストレスがなくなる

猫を飼っているとわかりますが、やたらと高いところに飛び乗ろうとします。それには、猫の上下運動をする習性にあるといわれていますが、床が滑るとジャンプできません。ですので、ペットのためにもフロアコーティングをするといいでしょう。

トイレを覚えない仔にいい

ペットが滑ることも防止してくれるフロアコーティングは、導入することによっておしっこのシミや臭いを消してくれます。ですので、成犬や成猫になってもトイレを覚えなかったり、年をとってできなくなったペットにベストです。

ノミやダニを退治

ペットを外に散歩に連れて行ったり、外へ出したりするとダニやノミを一緒に連れてきます。しかし、滑る心配のないフロアコーティングをしておけば、室内で存分に遊ぶことができるのでノミダニの心配もなく、天候にも関係なくストレスまでも解消できます。

年老いた猫や犬も快適

長年飼っているペットは人間よりも先に年を取ってしまいます。そして、年を取るとフローリングで滑ることだけでなく、歩くことさえままならないことがあります。しかし、フロアコーティングを導入すれば、歩きやすくなるので年老いたペットにも優しい空間となるでしょう。

元気のいい仔のため

家の中でも走ることが大好きなペットにとって、滑る床は大問題です。ですので、怪我をさせないためにもフロアコーティングを取り入れて大切なペットを守るといいでしょう。それが犬や猫などの動物を飼い主の義務といえます。

シックハウス症候群に注意

フロアを含む、室内のコーティングを行なう際には、シックハウス症候群の原因となる化学物質にも注意しましょう。中にはそういった化学物質がまったく含まれていないものや天然素材のものもあるので、ペットや赤ちゃんがいる方でも安心して使用することが可能です。

コーティングを是非取り入れたい場所ランキング

no.1

床は外せない

第一位に輝くのが、断トツで床に施すフロアコーティングになります。床は歩くだけでも傷が付いてしまいますし、年月が経つと滑りやすくなっててしまうので、人気の場所となっています。そうすることによって、日常生活を豊かにすることができるでしょう。

no.2

バスルームにも

コーティングはフローリング部分の床だけでなく、バスルームにも施すことが可能です。バスルームは湿気がたまりやすくなっており、すぐにカビが発生してしまいますが、コーティングをするだけでカビを防ぐことにも繋がるでしょう。

no.3

壁にも使用できる

長年住んだ家は、紫外線や湿気などによって自宅の外の壁もボロボロになってしまいます。そうすると、見た目も悪くなってしまうので、壁のコーティングを専門とする業者に依頼してみると綺麗に生まれ変わらせることができるでしょう。

no.4

バルコニーをカッコよくする

バルコニーがあると休日にそこで椅子やテーブルを出してお酒でも飲みたくなります。しかし、バルコニーが汚れているとせっかくの美味しいお酒が台無しになってしまうので、デッキが腐食しないようにコーティングをするといいかもしれません。

no.5

見やすい鏡になる

コーティングはなんと鏡にも使用することができるので、お風呂場にある鏡や洋服をチェックするための全身鏡にもコーティングすることができ、よりはっきりと自分の姿を映し出すことが可能になるでしょう。

広告募集中